世界で活躍する皆さんへ、幸せライフスタイルを発信

ニューヨークでクラフトアート&マクロビを楽しむ

陶芸

Peter's Valley

投稿日:2006年5月11日 更新日:

このところ陶芸イベントで大忙しの、私。 

ブログのアップも停滞してしまって、
続けたいのにPCに時間を割けず、遅れてしまいました。
しかし、先週末は自分では陶芸ライフ大イベントに参加しており、
本当に盛りだくさんでした! 初めて、登り窯の窯出しに参加してきました。

焼きあがった作品たち

そう!こちらでも穴釜、登り窯がある場所があります。
それがここ、ピーターズバリーと呼ばれる、クラフトのリトリートです。
http://www.pvcrafts.org 公式ホームページはこちら!
ここには、陶芸以外にもいろんなクラフトの集中講座が行われていて、彫金、ガラス工芸、織物、絵画、と盛りだくさんなワークショップが行われています。 NYの町から2時間もかからない場所に位置しているので、たくさんのニューヨーカーがバケーションもかねて泊りがけでこうした講座をとって、自然の中でのんびりしたりできるのが人気です。
この登り窯は二つのチェンバーがあり、一つはWood、そしてもう一つはSaltでした! ちなみに写真では左が塩、右がWoodです。 岩塩を最後に振り掛けるSaltの窯焼きは初めて知りました。

塩を使う釜と普通のガス釜どちらも還元焼成で炎が釉薬をドラマチックに仕上げます。

まだ気温は低いはずのこの日、真夏のような日差し!
窯出しには最高の晴天に恵まれ、たくさんの作品がずらりとテーブルに
並んでおりました。 そもそも、先週この登り窯の窯焼きが二泊三日の日程で
行われたのですが、翌週の窯出しにどうしてもいけない仲間の代わりに参加させて
頂きました。 おまけに私の小ぶりの作品も入れてもらえました。
一輪挿しのつぼやぐい飲みなど。。。 この写真の作品の中に埋もれております。

(次回私の「初めての登り窯作品」は改めてお見せしたいと思いますが、
しばらくお待ちくださいませ!)

何日もかけて焼き上げた作品たち
こちらはメンバーの大作達 

参加した仲間は同じ陶芸の工房で、先生として教えているレベルの方ばかりで
大作もあり、個性的な作品ばかり!!本当に勉強させて頂いた一日でした。
十分な数のテーブルがあったと思ったら、作品がたくさんで並びなおしたりして、
一生懸命暑い日差しの中で、楽しんでいたら、
はっと気がつくと、首の後ろが日焼け!!
あわてて日陰で首にスカーフをまいて、またまた並びなおし。。。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

これは、穴釜の写真です! 登り窯の隣にあります。
5日くらい窯焼きに時間がかかるのです。
ワークショップは、ですから、一週間の予定で組まれています。
この夏もあるみたいですが、もう少しお勉強させていただいて、
いつか参加したいと思います。


● 動画再生で強力遠隔氣功治療!!大量の氣が動画から流れ出す!! 【サティチューブ】【サティブログ】!!

●ニューヨーク自由の女神になりたい女のリアルライフを暴露配信!! 【NYこりんごラジオ】【NYりんごブログ】!!

-陶芸

Copyright© ニューヨークでクラフトアート&マクロビを楽しむ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.